まずは口座を開設しよう

信用取引をする場合証券会社の口座を開設する必要があります。今取引をしている証券会社があるときはその証券会社を利用するといいでしょう。 証券会社で口座を作った場合証券総合口座というものを開設することができるのですが、この状態ではまだ信用取引をすることが出来ないのです。信用取引をしたいときは、別の信用口座というものを解説する必要があります。 講座の解説には申込書というものを提出するのですが、投資経験や資産などを聞かれるのです。その他に簡単な質問に答える必要があり、これに合格すると見事一週間くらいで口座を解説することができるのですが、その証券会社の方針など場合によっては電話審査などを受ける場合もあります。

信用口座へ証拠金というものを入金します

投資家から出された書類による審査があり、これは投資経験や自己資産などを聞く書類審査になります。また、電話審査に関しては投資知識を確認されたり、どれくらいのリスクがあるのかということを知っているのか聞かれるのです。 見事合格できたら、その口座に担保として証拠金というものを入金する必要があります。しかし、すでに会社に現物株取り引きをしているのなら、預けている金額が預り金となるのです。委託証拠金には計算方法があり、今預けている100%の金額と預けている株価総額の0.8%を足した金額となります。評価対象は株式の80%になり、各証券会社の個別に決められた規制や証券取引所の規制などにより、この数は引き下げられる場合もあるのです。