レバレッジを効かせるとは

信用取引を利用することで、少ない資金であっても大きな取引ができるようになります。こうした仕組みのことをレバレッジを効かせると言いますが、レバレッジとはすなわち「てこ」のことです。さながら「てこ」の原理のように、力を使わずして利益を上げることも可能なのです。 信用取引では、まず証券会社からお金や株式を借りるというところから始めます。自分がその時持っている資金や株式を担保にかけることによって、最大3倍ほどの資金や株式を借りることができるようになります。資金を借りることができるため、今まで手を付けることができなかった銘柄にも手を出すことができるようになり、取引の幅を格段に広げることができるというわけです。

売りから始めることができるとは

信用取引をうまく利用すれば、たとえば株価が下落傾向に陥っていたとしても、利益を上げることができるようになります。こうした取引方法のことを、売りから始めると言うことがあります。 すなわち、まず証券会社から株を借り、それを売ってしまいます。100万円で売ったとしましょう。もちろん、このとき株価が下落傾向であることを見越しておかなければいけません。そして株を売った後、株価が下がったとします。その時に、売った株を買い戻します。株価が下がっているので、同じだけの株価を買い戻してもより安く買い戻すことが可能です。80万円で買い戻したとしましょう。このとき、手元には20万円残っていることになりますね。そうした買い戻した株を証券会社に返せば、手元の20万円は利益として残ることになります。 売りから始めることによって、株価が下落したとしても利を出せるので、取引の幅がより広がるというわけです。