少ない資金でも始められる

株式の取引をやっていると、手に入れた行けれども高くて手が出せないという銘柄が良くあります。元本が足りずに、せっかく利益を上げられそうな銘柄があっても手が出せないというのはつらいところがあるものです。しかし、信用取引を利用することによって、現資金以上の取引ができるようになるのです。 信用取引というのは、証券会社からお金や株券を借りて行う取引のことです。現資金を担保にかけることによって、資金のおよそ3倍のお金を借りることができ、いわゆるレバレッジを効かせた取引をすることができるようになります。レバレッジとは「てこ」のことであり、つまり少ない資金によって大きな取引を動かすことができるということなのです。

売りから始めることができる

一般的な現物株の取引というのは、まず初めに株券を購入し、そののちの値の動きの差額によって儲けを得るという取引方法です。要するに、まず株を買わないことには何も始まらないわけです。いっぽう、信用取引は売ることから始めることができるという特殊な取引方法なのです。 証券会社から株券を借りることができる信用取引では、借りた株をまず売るということかから始められます。売りから始めることができることによって、取引の幅が格段に広がります。一般的な現物株取引では、株価が上昇した時にしか利益を得ることができないものですが、信用取引を利用することで、たとえ株価が下落することがあっても利益を生じさせることが可能となるのです。